FC2ブログ

受難3連荘

まいどですー。
みんなこの放置ブログを見てない見てない(笑)と思ってたら、
結構ちらちらと覗かれているという事を知って。
いやあ、皆さんもそうですが一時期すごいブログ熱が流行ったのに
急激に廃れましたよねー。
その原因のひとつに、MSNのブログの設定がコロコロ変わるという
面倒くささがあると思うんですけど。←責任転嫁?
いや、でも、みんなMSNから離れたってのを見ても、
MSNのブログは使いにくかったんだなあって今更思います。

で、受難3連荘って何かというと。
なんか、ここんとこついてないのです。
っていうか、何か憑いてるんではないかってくらい・・・不幸3連荘でもいいです。

1つ目、それは1個の電話から始まった・・・。
離婚した父親が癌になって手術をしたという話。
寝耳に水。いや、ビックリ具合は寝耳にミミズぐらい(笑)。
まあもともと父方は癌家系だったので今更驚きもしやしないんですが。
何に驚いたかって、今更なんでそんな連絡を受けねばならないのか。
離婚後もたまには逢ってはいましたが、些細なことから大喧嘩になり、
足掛け8年ぐらいもう逢ってなかったはず。
なのになんでそんな連絡来るかな。
本人が今わの際で「一目娘に会いたい・・・」といったなら別の話だけど。
で、結局確かめるために行動を起こしたら
「癌なんて確定してないよーん」状態で、しかもまだ検査段階で。
手術なんてまーだまだ先の話で、腫瘍があるってだけで。
(((´・ω・`)カックン…て感じですよ。肩透かしですよ。
いや、死ぬのを待ってるわけじゃないけど、なんだったんだこの大騒ぎ?みたいな。
ムダに神経をすり減らしてしまいました。

2つ目。
高さ120cmの脚立から真っ逆さまに落ちました。
そして後頭部を食卓の角で強打、一瞬意識とびました。
120cmの脚立に立ってると言うことは、
頭の位置は120cm+160cm(私の身長)=280cmなわけで。←これは天辺だけども
まあ、そんなところから延髄にガツンと全体重と重力が加わった勢いで打てば、
一瞬意識も飛ぶわけで。
おかげさまで、一人で器用にもむち打ち症になりました。
食っては吐き、食っては吐きの気分悪ーい毎日を過ごしております。
もれなく肩や腕や脚があちこちにぶつけてあって青あざになりました。
私はただ、「カーテンを外して洗いたかった」それだけなのに・・・。
はずみって、怖い。

3つ目。
そんな浮かない2連荘を過ごした後、健康診断の結果が宅配便で送られてきました。
あれ?郵送って聞いてたのになぜ宅配便なんだろう・・・?
・・・マンモグラフィのレントゲンフィルムがついてました・・・。
中を開ければ診断の結果と共に封された紹介状。
「乳腺外来を受診してください」
・・・。
腫瘍ですか。ああそうですか。
長いこと離れて過ごしている父親と同じタイミングになぜ腫瘍なんか見つかるかな。
・・・と思ったら、母の話では連絡を絶っている長姉と次姉も腫瘍が見つかったらしい。
何の因果かな、これ。
なんか私悪いことしたかいな。

そういうわけで、毎週毎週、何かしらの受難が襲うわけです。
おかげさまで安定剤の消費が2倍になりました。
身体も休まらなければ気も休まらない。
そんな受難3連荘でした。

ロクな近況報告でなくてすみません。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村←今回ばかりはコレだろう・・・。

スポンサーサイト



ああ、アタシはうつだったんだ(過去形)

昨日はカウンセリングでした。
大抵あくる日には寝込んでいたのに、
今日は悪天候、朝からカミナリが雨アラレと降り注ぐ中銀行なんか行っちゃったりしてなかなかに元気であります。
ああ雨だ濡れちゃったイヤだな乾かないじゃないか風邪引いたら困るないや待てアタシはバカなんだから風邪引かないだろでも今年はインフルエンザの当たり年だというしさすがにバカでも引くかもしれないそしたら病院代どうするんだ・・・
・・・なんて考えません(-ω-)。今は。
いやホント、むかしは真剣にこんなことをグダグダと考える頭だったんですよ。
自分でもうっとうしいと思うのですが考え始めたらやめられない止まらない。
まるで頭の中で、まかはんにゃーはらーみたー・・・と、念仏を唱え始めたら
最後まで唱えないとお勤めにならない坊主のように、
延々止めるタイミングを失うの踏ん切りすらつかないのです。

そう思うと、今はああ雨だ、で止まるんですね。
なんと言う進歩。
猿がいきなり人間になったような感じとでも言うのかしら。
自分でもああシンプルになったなあと感じるのです。
そういう時、自分はうつ病だったんだな、
うつ病はもう過去のものなんだ、
今は真人間なんだ(笑)←イロイロ病気持ってるのにねえ・・・(-ω-)
・・・なんて思うわけです。
それはまるで手の届かない遠くの水平線をぼおーっと見つめてるかのような・・・ああ、表現しにくい。

うつ病は人間やめますか状態である。常に。

あの苦しさをどう表現したらいいのか今でもわからない。
でも、間違いなく言えることは、
「うつ病は誰でもなる病気だ」ということ。
未だにアタシが何でうつになっちゃったのかその決定的な理由がわからない。
でも、病気が間違った判断をさせて間違った概念を植えつけて
間違った妄想に取り込まれて間違った表現をして自分のみならず周りまで傷つける。
自分も辛いがまわりもさぞかし辛い病気だろうと思う。
よくうちの主人は耐えてくれたなあと思う。
今こうやって振り返ってみるとうつ病のアタシはまるで違う人間になってた。
それが怖い、病気だと思った。

うつ病は約2年間患ってた。
その間、うつ病について集めた本は幅45cmの本棚3段分にのぼる。
それぐらいうつってのがつかみどころのない病気で、
すごくポピュラーで、イロイロな分析がされているにもかかわらず
避けることはできない、なる人はなっちゃうんだって言う病気なのがよくわかる。
しかも、半年くらいで治る人もいれば10年たっても治るどころか、って人もあり、
程度ってのは人によりけり、個人でもすごく波がありいいときと悪い時の落差が激しい。
気をつけて欲しいのが、うつ病に「治る」という言葉はないこと。
うつってのは再発率がすごく高く、油断は禁物なのです。
症状が一定の状態で落ち着いたことを「寛解」といいますが
今のアタシは寛解状態であって、この先またぶり返さないとも限らない。
だから無理だけはしません。
甘やかすということではなく、アタシがまたうつがひどくなったら、
周りも迷惑をこうむり大変な被害を及ぼすことになることを考えたら
慎重に薄氷を踏むような気持ちで足を進めていくしかないのです。
ムチャして寝込んじゃっても、ねえ。

でも、ずっと言われ続けていることがある。
黒猫さんは、病気を人のせいにしないねえ、って。
まあ、ねえ・・・。
病気になっちゃったのは自分なんだし、人様が代わってくれるものでもないんだし、
そりゃアタシが喘息の発作で夜中に飛び起きて眠いときに
横で目覚めることもなくぐうぐう高いびきで寝ている主人を見てたら
いいよなあんたは眠れてさアタシのこの苦しみわかんらんだろうテメーコノヤローよかったら代わってやるぞチクショーいやそう遠慮せずホレ(くどい)・・・なんてことも思わなくもないけど
「思う」だけであって、「言」いたくはない。
思うのは人の自由だ。でも、口にした途端に壊れてしまう何かってのは絶対ある。
それに、「アタシにいわれてもっ」ってこともある。
アタシだって神様仏様じゃないんだから人を羨んだり妬んだりする気持ちはあるさ。
でも、それを口にしてしまったらアカンのではないかと思う。
心の中では自由に嫉妬し、表だってはとりあえず頑張ってみる。
多分アタシはぶきっちょなんだろうけど、そうしか出来ない。
この分別だけは、うつになっても壊れなかった。よかったと思う。

自分で障害、とか障害者、という言葉にびくついてたときもあった。
健常なことがいかにありがたいことか、不具合が見つかってからやっとわかる人間の浅はかさ。
でも難聴でもリウマチでも別に(かかって来いとは言わんが)何とかなるだろうと思ってる。
難聴だと聞きたくない言葉を聞かなくて済む。
リウマチは痛いけど家事がズボラできるかも(おい)。
何とか、自分の中で、いい方向に脳内変換しています。
そんなだから、苦になってないのかも。
お気楽ですね、アタシって。あは。

案外、病気がちな方が日頃からメンテできて逆に健康的かもしれません(笑)。

背の高さ、鼻の高さ、
男女の区別も本人の努力でどうなるものでもない。
生れ落ちる偶然が選べないように、
病気になる偶然も避けられない。

(「医者が癌にかかったとき/竹中文良)

にほんブログ村 病気ブログへ←どこまでいっても自分は自分、アタシはアタシ。ですよね^^。

便利になったものだ

まあうちの家はアタシが病気がちなため、
病気に関してはすごくオープンです。
先日の乳がんのキャンペーン(ピンクリボン運動)ではかなり主人と話し合いました。
そんなもんで、主人とは何でも話し合います。
水虫、インキン、普通は恥ずかしいのかもしれないけど・・・。←ちなみに、なったわけではありません^^;;;。
うちは医療費がものすごく高いので(年間30万ぐらいです^^;;;)
病院にいくべきか薬局の薬を試すか等と延々病気の話・・・。

んで。
今回はなんなんだっつーと。
「カンジダ膣炎」になったようです。
シモの話となると、日本は引きますねー。
別に恥ずかしいことではないと思うのだが(それより病気の方が大事)。
ほら、カンジダっつーとフケツにしてたの?とかひっかいちゃったの?とか
蒸れたの?とかHのときに・・・?とか怪しむ人もいますが。
アタシの場合は結構意外。
風邪薬の抗生物質の点滴をしてたらなりました。
エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜って思う方もいるかもしれませんが。
抗生物質が原因で、カンジダになる人は多いのだそうです。
アタシのようにピルでホルモンバランスを調整してたりする人間もなりやすいんだそうです。
抵抗力の問題なのかな・・・?常時服用している薬だから外せないしね。困ります。
今回は風邪も引いてないんで、ホルモンバランスが崩れてなったようです。
ある日突然むずがゆい・・・。イヤーな気分です。

いつも行ってる婦人科が遠いのと、予約外だと3時間くらい待たされるので
結構悩んでたんですが、どうにもこうにもかゆい。
向かいのスーパーで食品を買ったあと、薬局で買い物していると・・・。
ナプキンなどの生理用品が置いてるコーナーに、
POPがかかってまして「カンジダが治せます」とかいてある。
えっ?こんなきつい殺菌剤を薬局で?と思ったんですが。
セルフチェックシートをひとりでチェックしていると、あたしはいけるみたいなのでした。
薬局で購入できる条件には、
「以前、病院でカンジダ膣炎を治療した経験がある人」
なのだそうです。
価格は2980円でした。
薬剤師さんに色々質問して、こういうときはどうしたら?とか
こんな症状なんだけどやっぱりカンジダ?とか
使い方とか聞いてみたけど、お医者さんで出された薬と同じ要領。
んで、会計してるときにその薬剤師さん、
「風邪薬とかの抗生物質飲んでるとなりません?」て話になって、
やっぱりその薬剤師さんも風邪の時になったそうです。
終始、周りを気にしてくれて小さい声で話してくれてたんですが
(難聴のアタシには聞こえにくくて結構困ったけど^^;;;)
そういう気遣いを見てても、やっぱ恥ずかしがる女性が多いってことよね、と実感。

使い方は病院で出される薬と同じで、
膣内に入れる殺菌剤を一日一錠膣内に入れる。
病院にいくガソリン代やなんやかんやを考えると2980円で買えたのは嬉しい。

カンジダってのは女性では結構メジャーな病気なので
(あたしの中では生理痛レベル)
恥ずかしがらずに積極的に治して欲しいものです。
こういう病気が薬局で治せるようになっただなんて、
便利な世の中になったと思いました。

膣剤

かわいいセルフチェックシートです。わかりやすいです。
他にも数種類、カンジダ膣炎のお薬が販売されていました。
いいですね、便利で。


あと、意外ですが香りの強いトイレットペーパーなどで拭くと
カンジダになる可能性がある
かもしれないということです。
香り付のトイレットペーパーを止めようと思いました・・・。
こないだ買いだめして4×12ロール!もあるけど・・・。

にほんブログ村 病気ブログへ←恥ずかしがるよりも先に治そう^^。

些細な辛さ

そういえば、病気の方はどないなっとんねん?と思ってる方も多いだろう。
とりあえず近況報告。

9月10月は寝込んでました。
原因不明の高熱と、過敏性腸症候群のダブルパンチ。
10月は1ヶ月おかゆと、時たま絶食。
熱が出るっていうのは、体の中に炎症があるということで、
やっぱりアタシはリウマチを疑った。
結局、リウマチ因子は見つからなかったけど、
他の検査方法でリウマチだという結果がでることもあるというので
不安は取り消せない。
わかっているのは「免疫系全般が弱い」ということだった。
そして今回、すい臓の調子が悪いことも判明。
すい臓が悪いとどうなるのかピンとこなかったけど、
唾液の分泌が減ったり、腸の消化酵素が減ったりして
結局栄養分を吸収できなくなるのだという(・・・そのせいで下痢なのか?)。
自分の体から分泌物も満足に出せないなんて・・・○| ̄|_ 。

そして今、熱は下がっておかゆからうどんくらいまでは発展することができた。
しかし気を抜くと下痢をするので、恐る恐る食事をする。
このごろ特に注意を払っているのは、
「指を使わないこと」だった。

リウマチと断定されてはいないが、3つの検査のうち2つまでが陽性反応が出てるので
否が応でも・・・「できない」ことが増えていくのだ。
そのひとつが、ペンを持つことだった。
吃音で話すのが苦手、しかも難聴なので人の声が聞こえないとなれば
自分で気持ちを伝えるのは手紙が結構便利だった。
しかし、指がペンを長く持つことを許さない。
ってか、痛くて持ってられないのだ。
せいぜいメモ書きか、サインするぐらい。
長文なんてとても無理。
2~3日かけて時間を分けたら何とか書けるかもだけど。
そういうわけで、米を研ぐのも辛い。
主人は無洗米にしていいよといってくれる。
雑巾も絞れない。
蛇口に巻きつけて絞る方法を理学療法士さんから教わった。
ペットボトルの蓋は、介護器具を使って(100均ショップに売ってる)
開けるか、人に開けてもらうようにしている。

些細なことができないのが辛い。

これからはどんどん乾燥していって、アトピーとの闘いになる。

にほんブログ村 病気ブログへ←でも頑張るぞー。チップとローちゃんいてるし^^。うふ。
FC2カウンター
にくきう
ぷにぷに、クリック!
チップさん
プロフィール

シュワルツ・カッツ

Author:シュワルツ・カッツ
大阪の専業闘病主婦
PTSDとPDと、免疫不全・アトピー・喘息・金属アレルギー・過敏性腸症候群・・・などなどと日々闘っております。左の卵巣がない(右は謎)。そのせいでホルモンバランスが悪くホルモン剤を継続使用中。

登場猫:CHIP(チップ)
2001年1月8日生まれの現在9歳の雌猫。体重4kg。お母さんはシャム・お父さんは黒猫さん。ペットショップの「貰って下さい」の貼紙で運命の出会いを果たす。三人姉妹の末っ子らしい。基本アタシの猫。人間語を解する。

LOTUS(ロータス)
2007年4月16日(推定)生まれの野良猫。雄。謎の毛並みの中途半端な長さで暑さに弱く寒さに強い。基本主人の猫、ということになっている。体重6kg。得意技は「いや~ん」と泣くこと。シンクと洗濯機と洗面台が好き。何故かドアを器用に開ける。

最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリ